お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
お役立ち情報

このまま電子化が進んでも、印刷物は無くならない?あなたはどう思いますか?いろいろなものが電子化されています。最近では、とうとう本までも電子化がされました。でも紙の消費量は減っているのでしょうか?確かに全く紙をつかわなくても成り立つ仕事はたくさんあります。しかし、何か考えたり検討したりするとき、私の場合は手で書き込める紙を見ながらではないといけません。これは私だけではないと信じているのですが、皆さんはどうなのでしょうか?若い世代は、手で書かなくても、パソコンの画面だけでなんとかなったりしているのでしょうか?そうであれば、若い世代は紙の消費量をおさえてくれる世代で、今後のエコに貢献してくれているということでしょう。

お役立ち情報

そうなってくると、印刷物も減っていくのでしょうか?人間が紙を使いはじめてから、印刷物は増え続けています。印刷物は、出版会社が印刷するだけではありません。誰でも今ではプリンターがあればできるのです。
そのうちに、たとえば、コミケにいっても、スマホなどにデータをコピーする販売方式に変わるのでしょうか?(そのためには、簡単にはコピーできないようにしなくてはならないですが。。。)電子化がすすむということは、その電子化されたものは、最後はただ同然で手に入るようになる、ということです。電子化されると劣化がないのでいくらでもコピー出来ます。どんなに防ごうとしても、不正コピーはなくならないものです。印刷物が電子化されるということは、文章の保管がしやすくなったともいえます。
紙にかかれた、たとえば絵画なども電子化されればきれいな状態でほぼ永遠に保管することが出来ます。